私は何度も書いたので、一貫性がなく不明瞭かもしれません。誤植があります。文学の才能がないので、何度も書くこともありますが、「許し=私を騙した人、

 

https://www.nikukai.jp/gunma-mamakatsu/#heading3

 

怒った人、いじめた人、不快な人、一緒に(私がやったこと)はるかに)すべてを許しなさい)」。高崎のママ活

昔、保証人に騙されました。それを愚かな人だと考えてください。相手はいとこでした。夜に逃げて、今どこにいるのかわからないけど、いとこの妹は知っているようです。というか、離婚して姉の近くに住むのは姉に頼っているそうです。

高崎のママ活そういうわけで私は500万を支払ってそれを失いました、しかし私は全く恨みを持っていません。それどころか、辛かったと思います。何も言わずに悪いと思いますか?まあ、私はそれを自分で解釈します。その前に、友人が実家を処分して事務所を兼ねる家を買うと言っていたので、実家を処分するための売買契約を結んでコピーをもらい、このお金を手に入れました。来月は事務所や住居の数を減らしたいので、一時契約(ダウンペイメント)に250万を貸します。

世界は国の製造業の劇的な成長を目の当たりにしていますが、自動車エンジンの分野ではまだ日本に大きく遅れをとっているようです。日本の報道機関は最近、「日本の製造能力が高いのに、なぜ日本のエンジンを模倣できないのか」と尋ねました。そしてその理由を分析した記事を掲載しました。 「分解することで見ることができます。」高崎のママ活

これまで日本の製造業で見られてきた基本戦略は、「真似をしてから、価格競争力を活かして本来を超えた競争力を確立する」と言えます。現在、日本ブランドの製品は、家電製品やスマートフォンなど、世界中で使用されています。

それでも、なぜ自動車のエンジンを真似ることさえできないのでしょうか。記事によると、日本はエンジン開発がうまくいかなかったため、研究のために日本のメーカーのエンジンを分解することを決定しました。しかし、彼は日本のエンジンは特別であり、一度分解すると元に戻せないと主張した。高崎のママ活

エンジンは高精度に組み立てられているため、一度分解すると「同じ精度で組み立てることはできず、リバースエンジニアリングでは技術を把握できない」と主張した。したがって、エンジンを分解しても、同様の性能のエンジンを製造することはできないと彼は主張した。