梅田が反応している

「乗りたい」

“わたしは、梅田を愛しています”

躊躇しないので心を揺らす奇妙な感情
私が30歳の時の話。

ラヴィコン梅田で出会いたい

私の会社と3人で札幌への短期出張。

その夜、札幌はすすきのに「会員クラブ」の建物を見つけました。

すすきのの初夜。
もちろんメンバーではありません。

アメックスプラチナを見せながら当時の経済は良かった

「私は梅田になるつもりはないが、それを挿入してください。東京モンに申し訳ありません。」
そして、特に店に入る。

7階なのか6階なのかわからない
「まとめと経理の終わりに」とは
毎時3階建てです。

すすきの女と3時間かけて話しました。