梅田思い出です。
少し寂しいですが、曲が流れた瞬間を思い出せば贅沢な話だと思いました。
その瞬間だけが私のものですよね?
梅田はそれをすべて自分で行うことができますよね?
遊び心のある言葉です。

前に書いたように、私は常に運命を感じている人とつながると思っているジャイアン志向の人です。
梅田、今ではないにしても。
来世では、それを超えた世界で、異なる星で、平行した世界で。

いつかまた会える。
いつか言葉を交換しましょう。
いつか触ることができます。
いつか、いつか。
そう考えると、失恋はそれほど悪くない、山田くん(誰?

思い出す瞬間もあり、最初はどんどん苦くて、以前はバタバタしていましたが、今はそれです。
いきなり読みたくなる好きな話のようです。

いつもではありませんが、ハグしたくなるようなストーリーのページのようなものです。