梅田はバッタのようなアーティストになるつもりだったが、当時は熱心な職人の集まりだったので、視力が足りなかったのが恥ずかしい。

でも梅田だとは分かりません。当時、渋谷系という音楽を聴いている子供たちは、いつもスピッツを聴いていました。

そしてその時について書くと、それは別の惑星で起こった物語のようで、その時に起こった出来事、笑い、愛、泥だらけは、別の惑星での出来事のようで、POPについて話しているような気がします。
仕事中に漏れる一人一人の量は悪いです。
私がチェックするときだけ私は通常出てくる
私の梅田で私が思うことはバラバラになります。

私は自分の過ちに突入します。
仕事の残量を確認しています。
脳内の処理は万全じゃないから出してるのかな
変な癖になる前に考えないと、見知らぬ人に会いたくなるかもしれません。