どういうわけか、彼らはそのまま私の梅田に来ました。

カキの天ぷらを揚げたと言うから
梅田ちゃんちで夕食を食べることにしました。

私は言う

梅田で炭火焼

 

彼は横に笑っている
すみません
彼はお辞儀をしていました。

大したことじゃないよ。

そして何かを適切に出すと、

カキの天ぷら?

私は言う

この、

これはperの天ぷらです。

梅田! ?

カキではなく、perです! ?

私は言う、

そのとおり。

それは最初からです。